りんちゃん・そらちゃん | 板橋区東武練馬駅の動物病院なら、光が丘動物病院とくまるクリニック

  • 料金表
  • 勤務医表
  • トリミング
  • よくある質問
  • お問い合わせ

0364268681

とくまるクリニックNEWS

インタビューコーナー

りんちゃん・そらちゃん

今回ご紹介するのは、定期的にお手入れで通院してくれている写真左から

りんちゃん(♂ブリティッシュ・ショートヘア4歳4ヶ月)、そらちゃん(♂ブリティッシュ・ショートヘア3歳8ヶ月)です。

IMG_6008食べ物

Qフードは何を与えていますか?

りんちゃんは尿石症があるため、ロイヤルカナンのphコントロール0を与えています。

そらちゃんはヒルズのサイエンスダイエットのヘアボールコントロールを与えています。毛玉を吐いてしまうことが多いので、その対策として与えたところ吐く間隔が以前より空きました。お腹も弱いので気をつけています。

Q好きな食べ物は何ですか?

りんちゃんは今は療法食以外は食べさせていませんが、2人ともちゅーるが大好きです。

Qおやつはあげていますか?

そらちゃんにはこっそりちゅーるや他の毛玉対策用のごはんなどをあげています。

普段のメインの食事がドライフードなので水分補給を意識して液体状のものを与えるようにしています。

IMG_3160

 

 

 

 

 

Q気を遣ってあげている食べ物はありますか?

2人とも体重が増えやすいのでなるべく低カロリーのものを選んでいます。

Qりんちゃん・そらちゃんの性格を一言で言うと?

りんちゃん:穏やかで臆病な一面も、、、

そらちゃん:穏やかで好奇心旺盛!

IMG_2335 IMG_0943

Q好きなもの・事は何かありますか?

りんちゃん:ブラッシングが大好きです。ブラシを振ると膝に乗ってきたり頬を寄せてきます。乙女なので小さいものやキラキラしたものが好きです。

そらちゃん:撫でられることやおもちゃで遊ぶことが好きです。

Q嫌いなもの・事は何かありますか?

りんちゃん:抱っこや爪切り、大きい音が苦手です。この前大きな雹が降ったときは手の届かないところに隠れてしまって大変でした。

そらちゃん:爪切りやブラッシングが苦手です。ブラッシングは撫でてなだめながらがんばっています。

Qりんちゃん・そらちゃんのクセはありますか?

りんちゃんは特にありませんが、そらちゃんは高いところからジャンプして着地する際に「にゃっ」と声が出てしまいます。

また、甘えるときなどはしっぽでボディタッチをしてアピールをします。

 



Qお家での定位置はどこですか?

りんちゃん:冷蔵庫の上はりんちゃんの場所のようで、そらちゃんが来ようとすると追い払います。たまにおいしそうなものがあると上から狙っています。開けるのが申し訳なくなることも。。。

他にはソファーの左端でひじ掛けを枕にして寛いでいることが多いです。

IMG_1738 IMG_6257

 

そらちゃん:キャットタワーのボックスの中や自分のケージの中です。

食事は基本的にケージ内でしますが、りんちゃんは食べ終わるとすぐに出てくるのにそらちゃんはそのまま寝ていたりします。

IMG_2907 IMG_7207

 

 

 

 

 

2人とも共通して布団の上が好きです。

Q夜はどこで寝ていますか?

りんちゃん:エリザベスカラーをしているので自由にしています。お布団の上やソファーで寝ていることが多いです。

そらちゃん:自分のケージの中で寝ています。



 

 

 

 

 

Q毛並みがとてもいいですが、何か特別なケアはされていますか?

ブラッシングは毎日欠かさず行っています。

本当は定期的にシャンプーに入れてあげたりしたいのですが、2人とも水が大の苦手で難しいのでシャンプータオルで月に1度は体を拭くようにしています。

ごはんは毛並みについての記載があるものをなるべく選んでいます。

 

病気

Qりんちゃんは尿石症のご病気をお持ちですね?その時はどういう状況に最初気づかれたのですか?

トイレ以外の場所で排尿したりトイレに行く回数が増えました。その時はどのくらい尿が出てるかはわかりませんでした。

インターネットで調べたところ膀胱炎の症状と合致し、ネコちゃんは尿が出ないと命に関わると書いてあり受診しました。

Q尿道再建の手術を経て、現在は食事療法を行っていますね。苦戦されてたようですがお薬はどのように与えていましたか?

以前は食事の用意をしているとどこからともなく現れて欲しがりましたが、療法食を始めてから食べムラが目立つようになりました。

療法食はあまり好みではないようですが頑張っています。

エリザベスカラーを布製のものに替えてからは本人のストレスが少し改善したように思います。

基本的にお薬は苦手なので、お注射で対応してもらったりしています。

少量の粉薬であればごはんに混ぜて何とか食べてくれますが、錠剤はうまく出してしまうので今後の課題です。
IMG_2825IMG_3129

 

Q最後に、りんちゃんは4歳、そらちゃんは3歳ですがこれから一緒に暮らす上で、気を付けたいことはありますか?

お家に来た時から食事や排泄など最低限の健康チェック表みたいなものをつけるようにしています。病気の前後や様子がおかしい時にいち早く気づけるようにするためです。

先生に2人の正確な情報を伝えるためでもあります。

りんちゃんは元々鳴かない子でしたが、病気になってから鳴いていることが増えました。治療を始めてからはほとんど声を聞くことがなくなりました。

今思えば何か訴えていたのではないかなと考えることもあります。これからは見た目だけでなく内面のケアも出来ると良いですね。

IMG_1115 IMG_0820

 

 

 

 

 

にゃんドックにも興味が出てきたので今年は検討したいと思っています。2人にはなるべく病気で通院したりすることなく健康で長生きしてほしいです。

 

PAGE TOP