杉山小麦ちゃん | 板橋区東武練馬駅の動物病院なら、光が丘動物病院とくまるクリニック

  • 料金表
  • 勤務医表
  • トリミング
  • よくある質問
  • お問い合わせ

0364268681

とくまるクリニックNEWS

インタビューコーナー

杉山小麦ちゃん

今回は、病院が大好きでお散歩の際にいつも病院に立ち寄ってくれる、とても人懐っこい杉山小麦ちゃんにお話をお伺いしました。

小麦(7)小麦(2)

杉山小麦ちゃん(♂、犬種:パグ、年齢:2歳11か月)

 

食べ物

Q フードは何を与えていますか?

低分子プロテイン+phコントロールです。

アレルギーを持っていることと、ストラバイト結晶が出やすいため。

Q 好きな食べ物は何ですか?

ブタ耳、白菜が大好物。

嫌いな食べ物はありません。

Q おやつは何をあげていますか?

フード、ブタ耳、白菜、ボーロなどです。

Q 体型維持のために気をつけていることは何ですか?

フードは記載されているグラムにしたがって与えています。

また、おやつの回数や量で調節しています。

 

性格

Q 小麦ちゃんの性格を一言で言うと?

おだやか。

とても人懐っこく甘えてきてくれます。

他のワンちゃんとケンカをすることはなく、めったに吠えることもありません。

Q 好きなもの・好きなことは何ですか?

病院が好きでお散歩のときにいつも病院に遊びに寄ってくれます。

抱っこが好きで抱っこされると安心するのかすぐに眠ってしまいます。

小麦(4)小麦(8)

Q 苦手なもの・苦手なことは何ですか?

男の人が苦手。でもおじいさんは大丈夫みたいです。

臆病な性格なのではじめてのことやものが苦手です。

Q 小麦ちゃんのクセは何かありますか?

抱っこされているときに人の服のひもを吸いながら寝ることです。

とてもかわいいのでついパーカーなどひものついた服を着たくなります。

 

お家

Q お家での定位置はどこですか?

みんなのいるリビングとサークル。

前までは他の部屋との間に柵をつけていましたが、柵を取った現在、見えない壁があるかのようにリビングから出ることはありません。

家族が出かけるとき、寝るときは自分からサークルの中に入っていきます。

 

お散歩

小麦(3)

Q お散歩回数、時間、コースは?

一日3回。

朝は7時頃お家の周りを15分ほど。

午後は16時~17時頃1時間ほど、途中で病院に立ち寄ってくれます。

夜は20時頃に30分ほど歩いています。

お散歩コースは3パターンくらいあります。

Q お散歩のときの持ち物は何ですか?

ウンチ袋、水、抱っこひも。

怖いものがあると抱っこしてほしいと甘えてきます。

夏は飲み水と保冷剤も持ってでかけます。

Q 他のワンちゃんと仲良くできますか?

臆病な性格なのと犬見知りをするので、興味はありそうなのですがなかなか自分から挨拶に行けません。

最近ブログを通してお友達になったパグの仔と城北公園に遊びにいきました。

お友達も小麦ちゃんと性格が似ていたため、仲良く一緒にお散歩できました。

 

お洋服

Q お洋服はどこで購入されているのですか?

イオンや池袋のペット用品店。

購入する際は自宅にあるお洋服を持って行って、大きさを合わせてから購入しています。

また、ブログを通して知り合ったパグのお友達がお洋服を作ってくれてそれを着ています。

デザインがかわいく、サイズもぴったりなのでお気に入りです。

 

小麦(6)小麦(9)

病気

Q 小麦ちゃんはアレルギーをお持ちですが、気づかれたきっかけは何ですか?

皮膚をしきりになめたり、かきむしったりしていて皮膚も赤くなっていた。

アレルギー検査をしたところ、お米、七面鳥、牛などの食べ物、また草にも反応が出ることがわかりました。

湿度の変化にも敏感で特に梅雨の時期は症状が出やすいです。

Q 毎日のお薬はどのように行っていますか?

塗り薬と飲み薬を使っています。

飲み薬はご飯と一緒に食べてくれるので助かっています。

ダームワンを塗ってあげると肌の調子が良いです。

また、日々のケアとして毎朝のブラッシングと、濡らしたタオルをレンジで温め拭いてあげることを欠かさず行っています。

 

Q 小麦ちゃんはもうすぐ3才ですが、これから一緒に暮らす上で、したいことや気をつけたいことはありますか?

小麦(1)お友達作りができたらと思っています。小麦ちゃんの世界を広げてあげたいです。

いつもお洋服を作ってくれるお友達が北海道に住んでいるので、一緒に北海道に遊びに行くことが夢です。

皮膚、ストラバイト結晶は現状を維持して上手く付き合っていきたいと考えています。

近年は地震がいつ起きるかわからないので、小麦ちゃんのためにできる対策を考えてあげなければと思っています。

PAGE TOP